FC2ブログ
 

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 教育とは

先日 19時頃
家の近所の踏切付近に、ぎゃんぎゃん泣きわめく男児(推定 小4)がいまして

男児のかたわらには、ちょっと…いや かなり ふくよかな両親がおり、
双方とも Tシャツ+短パン+サンダルという ラフなファッションに
ボサボサ頭という、なんというか あまり品の良くなさそうな夫婦でした

父親は 子ども用の自転車を押しており、母親は 子どもを引きずっている
子どもは いやだいやだと泣き叫びながら、母親に反発して その場を動こうとしない

あ~なんか子どもがゴネとるわね~と思いながら
横を通り過ぎて 踏切を渡ろうとしたところ、父親の甲高い怒鳴り声が響いた

「電車来るから、はよ渡らんかい!これ(自転車)持って謝らなあかんのじゃ!
 おまえがやっとんのは泥棒なんやぞ!!」

!!!

一瞬で悟った

子どもが どこからか自転車をパクってきて(もしかしたら 友達のかもしれない)
両親がそれを 本人に返して、子どもに謝らせようとしているに違いない!
なるほどねぇ…

とはいえ
私ごときが 立ち止まって「こら坊主!男やねんから、潔く謝りに行き!」と
加勢するわけにもいかず

なかなか踏切を渡れない親子をスルーして 踏切の向こうのパン屋へ入り、
おめあてのパンをGETしたので ホクホクでパン屋を出ると…

ぬおっ、まだいたっ!! (しかし踏切は横断済み)

彼らはパン屋前の道路を挟んで向かい側におり、まだギャーギャーやっていました

そしてまたも 父親が怒鳴ったものの、声が高すぎて 何を叫んだのかは聞き取れず…
もしかしてアレかな
足立区の公衆トイレで採用された、若者にしか聞こえない高周波 に近い声なのかな
だから 非若人の私には聞こえにくかったとか?

何を言っていたかは聞き取れなかったけど、私はてっきり 息子に対して
叱責したのだと思い込んでいた

…がしかし 違ったようで、父親が叫んだ 次の瞬間
「何よっ!あたしだって 一生懸命やってるじゃないの!!」
と、母親がヒステリックに言い返したのでした

聞き分けのない息子に てこずり、怒りの矛先を 妻に向けたか…
わ~さいてー!
私だったら そんな男、文句言われた瞬間 目つぶしよっ!

言うことを聞かない息子に しびれを切らしたのか、
声の高い父親は 押していた自転車を 道の端に止め、
無言で 息子の腕をつかんだ!

息子は 腕をつかまれる前から
「ぎゃああ!こわいっ!痛いぃーーーーーー!!」
と ギャン泣きレベルアップ!

いたたまれなくなった私は (てゆーか はらぺこで早く帰りたかった)
彼らを避けて 大回りして帰ったけど、背後からは息子の叫び声が
延々と聞こえていたのでありました…

やっぱね
人のものを盗ったりだとか、悪いことしちゃーイケマセン!

最近の親御さんは 子どもが悪いことしても あまり怒らないと聞くので、
今日見た ご両親は なかなか過激ではあったけれども、
親として 正しいしつけをしていたと思います

少年よ、心身ともに 健やかに…


    にほんブログ村 OL日記ブログ ぐうたらOLへ
  ランキング参加中
お気に召したらクリックして下さい
21:56 | つれづれ
comment(0)     -
comments
comment posting














 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。